雇用契約書を交わしたのに不当に解雇されてしまったら

いくよ!白髪染め > 雇用契約書 > 雇用契約書を交わしたのに不当に解雇されてしまったら

雇用契約書を交わしたのに不当に解雇されてしまったら

本来企業が労働者を解雇するにあたり法律を含め社内規則や厳格なる決まり事を全てクリアしていなければならず、気がつけば企業側に言いくるめられていたという方も少なくありません。納得いかない場合は不当解雇を撤回する行動を自ら起こす必要があり、企業に何故解雇に至ったのかその理由を証明する解雇通知書及び解雇理由証明書を請求し、雇用契約書や就業規則並び法律に沿ったものであるか?を十分確認し、突然の解雇であれば慰謝料や解雇予告手当の請求も視野に入れ弁護士に相談をするのが一番と言えます。

従業員とのトラブルを回避できる雇用契約書のテンプレート販売



関連記事

  1. 雇用契約書を交わしたのに不当に解雇されてしまったら
  2. 雇用契約書の試用期間が長期の場合はブラック企業かも